東京大学現役合格者の勉強法

各科目について、東京大学に現役合格した人が具体的にどのような勉強をしていたのかまとめました。現在更新中です。

理系数学(勉強法・問題集・アドバイス)

東京大学現役合格者の理系数学に関しての勉強法・コメントを集めました。更新中です。

目次

1.全般

2.参考書、問題集

 1対1対応の演習

 やさしい理系数学

 はっと目覚める数学

3.過去問

 

全般 

青チャートを一周して、「大学への数学 一対一対応の演習」を解いて基礎を固めた。

高3の秋以降は東大模試の過去問なども使ってテスト形式で演習した。

東大、京大の過去問50年から面白そうな問題を解いていった。

演習不足で点数があまり伸びなかった。こつこつと解いていくのが大切だと思う。

解法を思いつくだけでなく、それを答案という形にする能力を伸ばすことも必要である。

模試の過去問も少しやったが、本番の問題と少し違う感じがしたのでやめた。

ある程度量をこなすことも必要。 

間違った問題は解答を見て知識を増やすことにした。
公式のあてはめができても発想力が足りなかったので初見の問題に多く当たるようにした。

4完以上を狙うには高2時点である程度固めておく必要がある。

典型問題は解法をそのまま丸暗記するというよりも、ポイントを見極めて自分が自在に使えるツールとする必要があると思う。

東大の過去問を30年分くらいやれば東大が好みの問題がわかってくる。

問題集を何冊もやったが伸び悩む時期があった。でも結果的には得意になれた。

学校の予習復習の他に、「理系数学のプラチカ」、「やさしい理系数学」、「東大の理系数学25カ年」を順に解いた。

試験直前に計算練習をすることで自信を持って臨める。

春までに1対1対応の演習くらいの問題は一通り解けるようになっておくべき。

基礎的な問題集では間違った問題を何度も解き直した。

標準的な問題が解ければ合格は半分決まったようなもの。

割と得意だった。「新数学演習」などで毎日演習していた。

センスが必要というが、それは多くの問題を解いて様々なアプローチをしていくことで誰でも身につけられるものだと思う。

同じ問題でも解きかたによって解答時間に大きな差が出ることがある。一つの問題に対して複数のアプローチを考える練習をすることがその対策になると思う。

解いて終わりにしないで吟味していけば実力が伸びる。

計算ミスで点数を落とすのは本当に馬鹿らしいので日頃から計算ミスをしないように集中して演習し、ミスした時はその原因を明らかにしていくことが必要。

「1体1対応の演習」を2、3周したことで基礎は完璧になった。

高2の間に青チャートを何周もした。

高2に1A2Bの「一対一対応の演習」をやり終え、高3の夏までに3の「一対一対応の演習」を完璧にし、「理系数学のプラチカ」をやった後に夏休みの中旬から過去問演習に映った。

中3までに高校範囲を終了した。東大数学は苦労しなかった。

高校一年生のうちに教科書の範囲を終わらせ、それ以降は問題演習を行った。

一部の人を除いて点数が安定しにくい科目だとは思うが、自分の頭でたくさん演習を積んでいけば点数の期待値は伸びてくる。

2日目の精神衛生的にも、堅実に点数を取っていくのが良い。

大学への数学 学力コンテスト」は実践力を鍛えるのにオススメ。

高3の夏休みから東大の過去問を解き始めた。できるだけ早く解き始めるべきだと思う。

一番差がつきやすい科目。

無理だと思ったら白紙で提出する勇気も必要。

できる問題を見極める能力も実践では必要。東大の過去問や模試の過去問で時間を意識して演習すべき。

最低でも60点取れるという自信をつけるまで勉強すべき。

突飛な発想が必要な問題はほとんど出ないので合否には影響しない。

解説を見て分かった気になっても自分で解けるかは別の問題なのでしっかりと解き直しをすべき。

計算や証明の記述もおろそかにしてはいけない。

赤本は単元別に問題が並んでいるので、完成したと思った分野から進めていくことができた。

伸びる範囲には限界があるので、ある程度点数が取れるようになったら他の科目に時間を割く事を勧める。

試験時間は長いようで短い。計算力もしっかりとつけておくべき。

一つの問題に対して多角的に考える(別解を考える)べき。

基礎がしっかりしていれば失敗しても点数は残るようになる。高得点で安定させるのは大変だと思う。

ひらめきが必要だと思っていたのであまり勉強しなかった。

数学3の分野は演習量が点数に直結すると思う。

数学3は問題演習の量が肝心。

 

参考書・問題集

1対1対応の数学

いろいろな問題に触れることで解法のレパートリーを増やすことができる。

計6冊に分かれている。

中程度レベルの1対1が終わったら、続編の新数学演習に移ると良い。こちらはやや難度が高く、問題数も多い。

演習問題は二次試験の基礎レベル。

入試数学で狙われやすい問題のタイプを網羅している。

こういう問題にはこのようなアプローチ、といったようにまとまっていると考えて良い。

1対1で出てくる解法を組み合わせることが二次試験の標準的な難易度の問題から必要になってくる。

暗記が得意な文系受験生はこれをやり込んで暗記してしまっても良い。

無駄のない勉強が保証される。

演習問題を解かずに、例題だけ解くことでも十分効果がある。

解法の暗記をすることで、即効で成績が上がる。

1対1で解法を網羅したら、応用問題の中で出てきた解法を実践していくことが必要。
この後には「プラチカ」がおすすめ。解説が量、質ともによくできている。

学校で4stepなどを使っている人は、ページ数的にまとまっている1対1も持っていると良い。

例題を何回も繰り返しとけば基礎力は完成する。

それぞれのテーマについて例題と解説、それを用いる演習問題が掲載されている。

青チャートの次のステップとして活用できる。

1分考えて解法がわからなければすぐに答えを見て、理解しながらやり方を暗記するというのも良。

新スタンダード演習などは1対1で出てくる解法を用いればほとんど解けるはずである。

難関大学を目指す人が解けないといけない問題が揃っている。

黄チャートや青チャートなどを一通りやった後でも発見はある。

演習問題は例題よりも難しいが、ここまでしっかりとこなせば東大の数学に関しては及第点は取れる。

分野ごとに良問を取り上げている。

ページ数的には少ないので復習しやすい。

この後にはやさしい理系数学に進んだ。相性はいいと思う。

チャートでは網羅できていない問題パターンが載っている。

高3の夏休みにはだいたい理解していて欲しい内容。

薄くて取り組みやすい上に解説が丁寧とまでは言えないけれどわかりやすい。

このレベルをおろそかにしても基礎力が足りずボロが出る。

高3の5月くらいにこれを終わらせ、そのあとにやさしい理系数学、直前期に過去問を解いた。

 

やさしい理系数学

全くやさしくない。

例題50問、問題約150問の構成となっている。

別解が大量にある。

1対1をやっていても解けない問題がちらほらある程度。

まずは例題を解いてそのあと問題を解くというベタなやり方で良い。

これが終われば二次試験で50くらいは取れる。

同じシリーズで更に難易度を高くした、「ハイレベル理系数学」もある。

問題の量、解説の量ともに多い。

別解が多く、解法のレパートリーが増える。

思考力が鍛えられる良問ばかり。

理系としては押さえておきたいレベル。

これくらいまでやって、受かった人が多い。

ハイレベル理系数学と比べて、やさしいだけ。

一筋縄ではいかない問題が多数あり、1対1などの網羅系を終えたあとに最適。

多くの別解を求める人はやさしい理系数学、細かな解説が欲しい人はプラチカを選ぶと良い。

1対1や青チャートで基礎が固まっている人は6割くらいは自力で正解できるかも。

これが終わったら過去問に移った。

はっと目覚める確率

ずっと苦手意識を持っていた確率を、得意科目にすることができた。

確率に関しては1対1をやらずにこっちをやってしまった方が良い。

説明が丁寧。

確率に関してはこれだけでもいいかも。

確率に苦手意識があるならやるべき。

過去問

過去問研究は必須。

お金があれば鉄緑会の東大数学問題集を買うべき。解説の量と質が圧倒的。

25カ年を使っている人が多いがふつう。

東工大の問題は骨の折れる計算が含まれていて忍耐力がつく。

一橋の過去問はクセがなく、基礎練習になって良い。

11月くらいから取り組み始める人も多いが、夏くらいから自分の実力を測るためにも少しずつ解いていくのがいいと思う。

基礎の部分を忘れるのを恐れ、今までの復習も続けて行っていた。

直前に過去問をたくさん残しておくと、苦手を発見した際に手をくれになってしまう。

最低でも10年くらいはやっておきたい。30年くらいやってしまうのが理想。

聖文新社の50年ぶんの過去問集を解いた。簡単そうなものは全て飛ばした。

過去問は最強の問題集。

複数の過去問を買って、自分の納得しやすい回答を探したり、別解の幅を増やしていった。

化学(勉強法・コメント)

現役合格者の、東大化学の勉強法などについてのコメント一覧です。

東大受験対策の参考にしてください。

 

設問数は多いが手が出ない問題は少ししかなく、ほとんどの問題は基礎的な知識とその組み合わせで解けるようになっている。

東大オープンの過去問はよくできている。

簡単な問題を速く解いていく能力も必要。

過去問以外にも模試の問題もいい練習になる。

有機化学も夏休みまでには一通り終わらせておくべき。

問題が増加傾向なので昔の過去問の時間に慣れてはいけない。

時間がないので、テキパキ作業できるようになっておくべき。

東大の過去問はセンター明けから解くことになったがもっと早くやるべきだった。

とにかく量が多く、演習量が大切。

難問はそんなに合否に影響しないと思うので諦めた。

高2の夏から本格的に勉強し始めた。

学校の授業を受けただけ。

物理よりパターンで解けるものが多い。

センター直前には基本知識のあやふやなところを確認した。

現役は時間の関係で有機無機にあまり時間を割けない人が多いが、点数が伸びやすい分野なのでできるだけ頑張るべき。

センター直前期はセンターの問題で知識の確認をした。意外に抜けもあっていい確認になった。

記述問題に対応するためにはしっかりと知識をつけておくべき。

過去問は良問が多いのでできるだけ解くべき。

無機有機の知識は定期的に抜けがないか確認すべき。

普段からめんどくさい計算もしっかりやっておかないと痛い目にあう。

高2で一通り学習しておくと良い。

高3の夏までに一通り重要問題集レベルの問題は解けるようになっていた。

基礎がしっかりしていればすぐに点数が伸びる科目。

化学だけはまとめのノートを作っていた。

基本的な知識を確実に固めるべき。

覚える量はそこそこ多いが、点数は安定しやすいので頑張って勉強すべき。

基本を抑えたら問題集で知識の抜けを確認したりテクニックなどを身につけていくことで点数は取れるようになる。

様々な形式の問題を解けば、新傾向の問題にも対応できるようになる。

物理70分、化学80分くらいで解いた。

センター後に過去問を10年解いた。

まずは重要問題集レベルをやりこみ、そのあとに難しめの問題集に取り組むべき。

典型問題で点数を取っていけばそれなりの点数になる。

物理と同様、しっかり対策すれば安定して得点することができる。

化学の新演習を2周くらいすれば典型問題はほとんど対応できる。

溶液の色などは資料集で覚えた。

最後はスピード勝負。演習量を確保すべき。

夏休みは化学の新演習をやり込んだ。

文系数学(勉強法・コメント)

現役合格者の東大文系数学に対する、勉強法を始めとしたコメントの一覧です。

 

早くから演習を重ね、だいたいの解法のパターンを暗記したら点数は取れるようになった。

結構点数に差が出るので捨てることは許されないと思う。センスがなくても高得点を取ることはできるので地道に勉強すべき。

頻出分野が決まっているので、過去問や問題集でそれらの分野を重点的に対策することである程度の点数は取れるようになる。

発想が奇抜な問題は出ないのでしっかりとした対策を行えば高得点を取ることができる。

パターンの解法暗記は重要だが、それが使える場面やなぜその解法を取るのかといった理由を意識しながら学習していくことが重要。

毎日1問は必ず問題を解くようにしていた。

夏休みに「文系数学のプラチカ」を2周し、基礎を固めた。

決めた問題集を徹底的にやりこむことで基礎が固まる。

「1対1対応の演習」をとにかく繰り返し解いた。そのあとに過去問を解いて実践力をつけた。

得意だと思って放置していたら模試で悲惨な点数を取ってしまった。自分はできると思ってもできるだけ数学に触れるようにするべき。

「1対1対応の演習」で基礎を身につけた後に「文系数学のプラチカ」の問題を時間を計って解いていった。

解けなかった問題の解答を見るときは、なぜそのような解き方をしたのかを考えると良いと思う。

高3の春から「新数学スタンダード演習」を始め、夏休みから過去問に移ることができた。

一問一問真剣に向き合うことで苦手でなくなっていった。

微積分系の問題は計算をしっかり合わせれば完答できるものが多い。

文系数学はある程度できるようになれば高得点で安定させることができる。

直前期は過去問と模試の過去問によるアウトプットを何度もし、抜けている知識、解法があればノートにまとめていった。

センター直前期はセンター形式の問題を解き続けた。

確率、整数、軌跡からの出題が多いのでこれらの対策を怠らないようにすべき。

高校1年生の間にだいたいの定石は把握し、得意科目となった。

11月から25カ年を2周した。

 

物理(参考書・問題集)

東大生にアンケートを取り、東大物理でよく使われていた参考書・問題集をまとめました。

 

新・物理入門

駿台が出版している物理の教科書。公式の導出なども多数触れられており、物理の根本的な理解が深まるようです。いきなりこれを読むのは辛いので教科書を読むか、学校の授業を受けて基礎的な理解ができたところで手を出すのが良さそうです。

 

重要問題集

数研出版の定番問題集。地方国立大レベルの問題(東大ではやさしい部類)がかなりの数掲載されています。基礎から応用への橋渡しとなるようです。

学校で配られたという人も多いようです。

 

難問題の系統とその解き方

昔から東大受験生が使ってきた問題集のようです。レベルの高い問題がこれでもかというほど掲載されています。例題と演習問題があり、演習問題の解説はほとんどないようです。例題のみ活用したという声も多く聞かれました。

 

名問の森

河合出版の物理の応用問題集。レイアウトが見やすく人気です。これで東大物理の標準的な問題は解けるようになるようです。

 

東大の物理25カ年

東大の過去問集。25年分が分野別に配置されています。

 

鉄緑会東大物理問題集

鉄緑会が出版している物理の過去問集。10年分プラスアルファとなっています。解説は赤本のものよりもずっと詳しく、物理の理解が深まるようです。

物理(勉強法・コメント)

東大物理についてのコメント・勉強法一覧です。

 

何よりも物理現象の根本的な理解が大切。

「難問題の系統とその解き方」と「過去問25カ年」を演習として利用した。

計算ミスで後の問題の点数がなくなる可能性があるので次元のチェックや問題文の読み直しは絶対必要。

しっかり対策すれば安定して高得点を取れる。

重要問題集レベルをしっかり解ければ足を引っ張ることはない。

公式のあてはめだけ考えていてはすぐに限界がくるのでしっかり厳密に学ぶべき。

物理法則がいつ適用できるのか、しっかり身につけていないといけない。

40点台後半は取れるようにすべき。理科の中では取りやすい。

現役生は秋以降最も伸びる科目だと思う。

一度理解した気になっても問題演習の時に理解が甘いところが出てくるはず。その都度補強していくことでどんどん実力が伸びていくと思う。その教材として本質的な理解を問う東大の過去問は最高だと思われる。

なるべく化学に時間を回すために70分くらいで解けるように過去問で練習をしていた。

50点を狙える科目だと思う。

問題演習で公式を使う際もその公式の意味を考えながら当てはめるとよい。

東大の過去問が最高の問題集。できれば25年とくべき。

京大の問題も解いていた。

数学と同様、定義をしっかりと押さえるべき。

全ての小問を解く必要はないという考えでいた方が良い。

数学と違い、使えるツールが少ないので楽。

理屈が重要。解説がしっかりした問題集を買うべき。

最近は理科の分量が増加しているので時間配分を意識して素早く解いていかないといけない。昔の過去問はそこに注意して利用する必要があると思う。

高2のうちに全範囲終わらせて、高3のうちは問題演習中心に進めた。理科のうち1科目でも高2の間に一周しておくと後がすごい楽だと思う。

しっかり理解をしないと足元をすくわれる可能性がある。

一度深く理解すれば問題は解けるようになる。

夏休み前には「名問の森」を解いた。

原理を理解して基本法則から様々な公式を導出できる能力は重要だが、実用上、便利な公式も覚えておくべき。

問題にあたった時、使う公式を総当り的に考えていけば最悪解ける。

化学が苦手だったが物理を得意にしたおかげで合計点では足を引っ張らなかった。

文字が多く出てくる式も出てくるので、それの計算に慣れておくべき。

今年(2016年)の問題量はものすごい多かったので、計算力をもっとつけておくべきだった。

夏休みに「名問の森」、「難問題の系統」とその解き方を一周ずつした。

問題演習だけでなく公式の導出・背景の内容の理解も重要。

高3の春から「重要問題集」を始めて夏休みまでに2周した。この時点で過去問も時間をかければ点数を取れるようになった。

過去問は直近の10年分をやった。

センターが終わってからは毎日過去問を一セット解いた。

最後の方の大問は時間がかかるものも多いので、見切る力も必要。

過去問と似たような問題が出ることもある。

最初学習するときは難しいが慣れてしまえば簡単。

やればできるようになる科目。

東大の解答用紙は特殊なのでそれに慣れておくことも重要かもしれない。

問題のパターンは限られているので、できるだけ多くの問題にあたることが重要。

高2までは学校で配られたような問題集を解いていた。

用語の意味、定義をしっかり押さえて問題演習をすれば絶対点数が取れる。

やはり直前期は時間に気を使いながら演習をした方が良い。

公式を使える条件を理解せずに演習しても意味がない。

ミスをしないのが時間的に一番重要。常に集中して問題演習する癖をつけるべき。

暗記量は少ないけれど、その分基本が肝心。

 

英語(まとめ)

このページでは、下のようなコメントを元に、東大英語の対策についてまとめました。

utokyo.hatenablog.jp

 

やはり、皆が口を揃えて言うのは、「時間的制約が厳しい」ということです。試験時間の中で得点を最大化できるように戦略を考えている人も多かったようです。

また、リスニングと英作文は点数が伸びやすいという声も結構ありました。

 

東大英語の勉強法としては、

・高1、高2で基本的な文法、単語をマスターする。

・高2のうちに英語に触れる量を増やしていく。センターレベルのものからだんだん上げていって高2が終わる時には東大の文章でも時間をかければ読めるようになっているのが目標。

・高3の間は問題演習を多くこなす。夏からは過去問、模試の過去問などを時間を計って解いていく。

大まかにはこのようにしている人が多いとおもいます。

英語(勉強法・コメント)

東大英語についてのコメント・勉強法一覧です。

 

毎日新しい英文に触れることが必要。

音読をすることで自分がきちんと理解していない点を明らかにすることができる。つまずくところが完全に理解していない。

英作文とリスニングは他の問題よりも点数を伸ばしやすい。時間がなければこれに力を入れるべき。

速く読めるよう、毎回時間を計って過去問を解いた。8割くらいの時間で解けるようにしておけば本番の気持ちに余裕が出ると思う。

なかなか点数が上がらないが、触れない期間が少し続くだけで点数が一気に下がってしまう。

リスニングは直前期は毎日触れるべき。

リスニングが苦手なら、ゆっくりとしたペースの英文をシャドーイングしてみるのが良いと思う。

高2の2月頃から約二ヶ月で鉄壁を一周した。

80点を安定して出せればすごい楽になってくる。

時間が短いので、じっくり読む能力だけでなく(これも必要だけど)、大まかに文意を捉えて読み進めていく能力も必要。

過去問は25カ年を全て解いた。

京都大学の過去問も解いた。難しい文章を読む力がついた。

リスニングはリーディングの力を伸ばすことにもつながる。

リスニングは慣れてきたら1.5倍速とかにして聞いていれば、模試や本番でも良いパフォーマンスを残せる。

リスニングはキムタツをずっとやり続けた。

当たり前だが、文法と単語がわかれば文章は読める。

Forestを一通り読んで学校で配られた文法の問題集を3周した。

鉄壁を4周した。

量を積むことが必要で、得意科目にするには根気がいる。

苦手であったが、リスニングと音読を毎日続けることでなんとかなった。昔やった長文を何回も音読するのにも効果があったと思う。

最初はiPhoneの音楽アプリでリスニングをしていたが、Walkmanを買ったことで効率が劇的に上がった。2秒の巻き戻し機能や、倍速機能がとても充実していたのが良かった。

要約、英作文、リスニングは慣れが高得点に結びついてくる。とにかく量をこなす必要があると思う。

英作文はやはり添削を受けると効果があると思う。学校や塾の授業を活用したり、先生にお願いしてみるのがいいと思う。

高3の春までに単語と文法をある程度完璧にしておく必要がある。

東大英語で一番難しいのは制限時間。日頃から読むスピード、書くスピードを意識すべき。

センター後は毎日一セット東大模試の過去問を解いていた。

基本的な熟語は覚えておかないとだめ。どんな熟語帳でもいいから一冊は覚えておくべき。

暗記が得意だったので自由英作文の解答例を丸暗記していった。表現を丸ごと覚えることができて本番でも役に立った。

時間配分を考え、取れるところで点数を取っていくようにすべき。

時間がないのは確かだが、試験時間中に急すぎるのは禁物。

リスニングは洋楽に慣れていたからか得意だった。

単語熟語を詰めて長文をひたすら読んでいったら90点を安定して取れるようになった。

単語は高2のうちにほとんど完成させた。

同じ文章を何回も読むことで、その文章で使われている構文や単語を自分のものにすることができる。

苦手だと足を引っ張りやすい科目なので毎日しっかりと触れるべき。

秋から予備校の東大模試の過去問を解き、入試直前に過去問を8年分やった。